おすすめのウーパールーパーの種類は?カラーや人気のウーパールーパー紹介

ウーパールーパーには

  • リューシスティック
  • アルビノ
  • ゴールデン
  • マーブル
  • ブラック
  • ブリンドル
  • アルビノイエロースポット
  • ウパルパ
  • ウパルパ・ロングテール・ショベルヘッド
  • ウパルパ・ショートテール
  • ウパルパ・ロングテール

とたくさんの種類があります。

どれも特徴的なウーパールーパーですので、あなたが一目ぼれする子を探してみてください。

ウーパールーパーの大きな分類は2種類

大きな枠でウーパールーパーを分類すると「しっぽの長い種類」と「しっぽや胴体の短い種類」の2種類のウーパールーパーが存在します。

私達が思い描くウーパールーパーはしっぽの長いタイプのウーパールーパーです。

そして、しっぽや胴体の短いのが「ウパルパ」と呼ばれる種類のウーパールーパーです。
※厳密にいうと通常のウーパールーパーの奇形で健康な個体のことを指します。

どちらもウーパールーパーには変わりありませんが、色ではなく形で種類を分類するのであればこの2種類のウーパールーパーに分けられます。

一般的なウーパールーパー

一般的なしっぽの長いウーパールーパーには

  • リューシスティック
  • アルビノ
  • ゴールデン
  • マーブル
  • ブラック

といった種類あり、種類訳は体の色。つまりカラーで種類訳されています。

オーソドックスなウーパールーパーは「リューシスティック」「アルビノ」「ゴールデン」「ブラック」といった種類でしょうか。

珍しいカラーのウーパールーパーはレア種として1万円を超えるような値段で販売されています。

しっぽや胴体の短いウーパールーパー

しっぽや胴体の短いのウーパールーパーには

  • ウパルパ
  • ウパルパ・ロングテール・ショベルヘッド
  • ウパルパ・ショートテール
  • ウパルパ・ロングテール

などの種類があり、これらの種類のウーパールーパーは通常のウーパールーパーよりも高値で販売されていることが多くあります。

ぱっと見、私達が知っているウーパールーパーとは異なる外見をしているので、魅力が伝わりにくいかもしれませんが、こういったしゅるいのウーパールーパーを好む人もいます。

レアな品種

大きな枠で分けた分類とは異なりますが、

  • スーパーブラック
  • ダルメシアン
  • グレースポット
  • アルビノイエロースポット
  • ブリンドル

など、レアなカラーの品種も存在します。

通常のウーパールーパーにはないカラーなので、なかなかお目にかかれないレア種として扱われています。

人気のウーパールーパー

人気のウーパールーパーはどれかと聞かれたら、まず間違いなく「リューシスティック」と答えると思います。

ウーパールーパーブームを引き起こした日清のCMにも採用された種類ですし、何よりその愛くるしいくりくりした黒目の愛くるしさが人気を誇っています。

リューシスティックに次いでブラックとマーブルが人気を誇っています。

アルビノやゴールデンは不人気?

アルビノやゴールデンはぱっと見で表情が良くわからないところがあまり人気が出ない理由の一つではないかと思います。

私も最初に3匹を譲りうけたとき、アルビノの子は他のことは違ってちょっと愛嬌がないなと思ってしまいましたから。。。

今ではみんな可愛い家族ですけどね笑

また、アルビノやゴールデンは視力が弱く、多頭飼いに向いていないことも人気が出ない理由の一つとして挙げられます。

視力が弱いと餌と間違えて共食いしてしまう可能性があるからです。

種類やカラーが豊富なウーパールーパー

ウーパールーパーは種類やカラーが豊富な生き物です。

見た目で選ぶのは完全に人間のエゴではありますが、色や形で選ぶのもウーパールーパーを飼育する楽しさとも言えます。

レアな形や色をしている個体はかなり高い価格で販売されることもありますが、主流のリューシスティックやブラックなどの品種は1000円~5000円の範囲で購入が可能です。

飼育セットも高価なものを用意する必要はないので、一目ぼれした子がいたら飼育を検討してみてくださいね!

Copyright© ウーパーズどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.