飼い方

ウーパールーパーの水槽選び|サイズやレイアウトはどうやって選ぶべき?

投稿日:

ウーパールーパーを飼うときに一番最初に気になるのが「水槽はどんなサイズを選べばいいの!?」だと思います。

このページでは、水槽選びのポイントや水槽のレイアウトについて紹介していきます。

水槽のサイズ

ウーパールーパーの飼育を始めるとき、水槽は飼いはじめのウーパールーパーのサイズが小さいようであれば、15㎝縦横ほどの水槽や虫かごを用意すれば大丈夫です。
(投げ込み式のフィルターエアポンプは用意してくださいね。)

ですが、ウーパールーパーの成長速度はとても速いので、小さすぎる水槽を用意してしまうと1ヶ月もしないくらいの速さで水槽が狭くなってしまう可能性もあります。

そのため、まずは小さい金魚用の縦20センチ横15㎝程度の水槽を用意すれば大丈夫です。

金魚用の水槽を購入すれば、セットで投げ込み式フィルターポンプやカルキ抜きがセットになる場合もあるので、バラで購入する手間も省けます。

多頭飼いをする場合

多頭飼いをする場合、アダルトのサイズ(15㎝程度以上の大きさ)になるまでは別々の水槽(縦20横15程度の)を用意するのがおすすめです。

少しコストが上がってしまいますが、ウーパールーパーはアダルトのサイズになるまでは驚くほどの速さで成長をします。

成長するということは、体が成長するための栄養を欲しているということ。

そのため、お腹が空いてしまったり、同じ水槽で飼っているウーパールーパーを餌だと誤認して手などを食べてしまうことがあります。

アダルトサイズになると、ウーパールーパー同時の食い合いも少なくなるので、水槽を大きくして同じ水槽に入れるのがおすすめです。

水槽の大きさは何匹飼っているかにもよりますが、2匹なら最低40㎝程度、3匹なら最低55㎝程度の水槽を用意するのがおすすめです。

水槽は少し大きめの方がいい

野生のウーパールーパーは最大で30㎝を超えるものもいるといいますが、ペットとして飼うウーパールーパーはほとんどの場合30㎝を超えることはありません。

そのため、30㎝になったときのことを考えて最初から横60縦40のような大きなサイズの水槽を用意する必要はありません。

なぜなら、ウーパールーパーは飼育されている環境によってサイズの変化に違いがみられるからです。

ウーパールーパーの体長は餌をあげる頻度や量、飼っている水槽のサイズによって異なります。

1匹で横60縦40の水槽でのびのび過ごせるのであれば体長が大きくなることも考えられますし、逆に2匹で横40縦30の水槽で飼っていれば、そのサイズに合った大きさにしか成長しない場合もあります。

ペットとして飼育されているウーパールーパーの体長は平均して約20㎝~25㎝程度。

最大30㎝を超える可能性があるからといって、最大サイズに合わせて水槽を用意する必要はありません。

ですが、大きな水槽の方がストレスなくのびのび過ごせますし、水質悪化も遅くなるので、ウパちゃんのことを考えるなら大きい水槽の方がいいかもしれません。

水槽のレイアウトについて

ウーパールーパーを飼い始めると、レイアウトでいろんな妄想をしちゃいますよね笑

我が家もレイアウトで何度話し合いをしたことか。

結論から言うと、アダルトサイズになるまでは簡単なレイアウトで十分。

簡単なレイアウトにしておけば、あとから凝ったレイアウトに変更するのも楽ですし、水槽を換えるときも楽だからです。

飼いはじめの水槽レイアウト

ウパちゃんを飼い始めたばかりの頃は、水槽には小さな土管やたこつぼなどを1個~2個置いておけば大丈夫です。

それだけあれば十分隠れ家になりますし、水槽を変えるときにも無駄な手間を省くことができます。

ツイッターやインスタでウーパールーパーの画像を探してみると、砂利を水槽に敷いていることがありますよね。

この砂利も飼い始めの頃は引く必要はありません。

むしろ、敷かないことをおすすめします。

砂利は敷かないほうが良い理由

小さい頃のウーパールーパーがいる水槽に砂利を敷いてしまうと、ウーパールーパーが誤飲してしまう可能性があります。

そのため、サイズが小さいうちは砂利を敷く必要はありません。

万が一の見込めるけど排泄できないようなサイズの砂利や石を飲み込んでしまったら、お腹を切開して石を取り除くことになり、最悪の場合死んでしまうかもしれません。

確かに砂利を敷いてあげたら指先がしっかり引っかかって移動するのは楽になりますが、砂利を敷くのはアダルトサイズ(15㎝程度)になってからで大丈夫です。

水槽は大きい方がウーパールーパーにも飼い主にもメリットが大きい

最終的な結論としては、大きめの水槽を使用したほうが、ウーパールーパーにとっても飼い主にとってもメリットが大きいということ。

広々とした水槽はウーパールーパーのストレスをためにくい環境を作れています。

また、大きい水槽だと水の量が多いので水質悪化のスピードも遅くなります。

つまり、ウーパールーパーはのびのび過ごせるメリットと病気になるリスクが下がるメリットが。

飼い主は水替えの頻度が少なくなるメリットがあるということです。

我が家もそうでしたが、多頭飼いで小さいころに水槽をいくつか並べて飼育をしていると、水替えのの労力が半端ないんですよね。

それこそなれるまでは水替えに1時間~2時間くらいかかったにも拘わらず2日に1度水替えをしなければいけないですからね。

水槽を大きくすれば水替えの頻度が下がるので、飼い主さんのメリットがかなりありますし、何よりウパちゃんのストレス軽減と病気になるリスクの軽減ができます。

ウーパールーパーを飼うなら大きめの水槽で飼育するのがおすすめです。

-飼い方

Copyright© ウーパーズどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.